<   2016年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

レッスン フレーム・リース・ピアノワイヤーアレンジ

今日はMさんAさんが梅雨空の中来てくれました。

久しぶりのプリザアレンジ。Mさんお気に入りの色合いで
持参のフレームを華やかに飾られました。
a0132926_17054568.jpg
a0132926_17061800.jpg



Aさんも持参のリースに2か所違う色目を飾られました。
爽やかな色です。
a0132926_17104042.jpg
a0132926_17111616.jpg

もう一つはワイヤーピアノのアレンジ。プレゼントされるそうです。
a0132926_17124645.jpg

[PR]
by rosa-aya | 2016-06-24 17:21 | プリザーブドフラワー | Comments(0)

植物画展


世界遺産 キュー王立植物園所蔵 イングリッシュ ガーデン 英国に集う花々
を 京都文化博物館で見てきました。
数世紀経ってるとは思えないぐらい鮮やかな色のまま保管されていました。
綿密で細やかなタッチのボタニカルアートは、写真とはまた違う植物の繊細さや力強さ 花の魅力を再発見させてくれました。


a0132926_20010263.jpeg

[PR]
by rosa-aya | 2016-06-22 19:47 | 日々のこと | Comments(0)

この時期

梅を漬けようと思い、南高梅を2キロ買ってきました。ふわ〜っと部屋中に梅の香りが漂うのが、この時期ならではのお楽しみ。
蛍ナイターも終わり、忙しいことを言い訳にいろいろ後回しにしていたことに手をつけ始めています。
排水溝の掃除、草引き、オリーブの枝の剪定、庭のお手入れは楽しいけれど、蚊が待ってましたと言わんばかりに飛んでくるのが悩ましい。。。
a0132926_09535662.jpeg

[PR]
by rosa-aya | 2016-06-15 09:59 | 日々のこと | Comments(2)

剪定具合?

庭のガクあじさい、今年は一輪のみの開花となりました。剪定するところが悪かったかな…
a0132926_00040941.jpeg

切り過ぎてもうダメかと思っていたテッセンは、思った以上に花を咲かせてくれました。
a0132926_00052487.jpeg
これから咲く蕾もまだまだあります。
a0132926_00061237.jpeg
a0132926_00075701.jpeg

[PR]
by rosa-aya | 2016-06-12 00:02 | 日々のこと | Comments(0)

シンフォニックコンサート

「玉置浩二 PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 〜21st CENTURY RENAISSANCE〜
8日に行ってきました。
京都コンサートホール、一列目の右端よりの席で目の前には細長い数段に?積み上がったスピーカー。大音量だったらどうしよう…とちょっと不安に。
開演後、それは無用の心配だったことになりました。
スピーカーからはほぼ玉置さんの声だけが響いてきたのです。玉置さんの声に包まれるような感覚。。
こ、こ、これはなんとも贅沢。一列目なので玉置さんを見るのに遮る人もなく、ただひたすら左を向いて首の痛みをガマンするのみ。

バルカン特別交響楽団の演奏と柳澤氏の指揮も素晴らしく、3回シンフォニックコンサート行った中で一番感動しました。
病み上がりの玉置さんでしたが、そんなことを感じさせない歌声や姿、特に「夜想」での迫力には久しぶりに心が震えました。
初めての「歓喜」、「ロマン」 はやはり玉置さんの歌だと確信し、今までに数え切れないほど聴いてきた「雨」「あなたに」「To me」
「キラキラニコニコ」は昔CDで聴いたイメージのまま、「SOS」は優しく、「君がいないから」はバンドとは違い新鮮な感じ…

いつもベストをつくされる玉置さんですが、今日の玉置さんもまた最高であることを 長年ファンをしてきて感じるところでした。偉大でした。
終盤ではいつもの笑顔も見ることができ、今日も来て良かった と思いました。


a0132926_22590341.jpeg

a0132926_22595438.jpeg

[PR]
by rosa-aya | 2016-06-09 21:51 | 安全地帯・玉置浩二・音楽 | Comments(0)