マルセイユ石けん

昨晩9時までに、トレースができ始め!いよいよ型入れの時間がやってきました。
マルセイユ石けんとは、オリーブオイル、ココナッツ油、パーム油を配合したものです。
ココナッツ油は泡立ちを良くし、パーム油は溶け崩れをふせいでくれます。
そのタネに肌にいいパルマローザの精油で香りを軽くつけ、同じく肌にいいカレンデュラ(マリーゴールド)のドライハーブを粉砕したものを少し入れてみました。
a0132926_9355828.jpg

a0132926_9363193.jpg

a0132926_937251.jpg

そして型に流しいれ、24時間保温をします。それからまだ型から出すには日を置いて、さらにカットをするのも日を置いて、熟成乾燥させるのに1~3か月かけます。使えるのはそれからです。
立派な石けんになるには 長い道のり?です。せっかちの私には、“待つ”ということがいい修行になるかも。。 今日も 型入れ すこーし早かったかな~?
今回、実はマルセイユミックスパックを使ったのでオイルを量る手間が省け楽でした。
苛性ソーダ、水の分量はレシピに書いてある通りに量りました。苛性ソーダ水溶液とオイルの温度をそれぞれ40~45度にあわせるのが一番面倒だったかな・・・。(って どんだけめんどくさがり)
なにはともあれ、次は型出しうまく出来たらいいな~。ひとつひとつが経験です。
[PR]
by rosa-aya | 2009-11-17 10:02 | アロマ・石けん | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< ホワイトクリスマスに Garden Shop >>