NIWA

a0132926_18583052.jpg


















植物公園のライブラリーにある季刊誌 『 庭 NIWA 』
今年の春・夏・秋・冬号とぱらぱらっとですが、読んでみるとなかなか興味深い記事がありました。
個人のお庭から有名な庭園(寺院、美術館、ホテル、公園など)一口に「庭」と言ってもいろいろとあるものですね。
石畳や垣根など、今までいろいろなところで偶然見てきたものが自分の中で少しずつ繋がったり。
雑木林のような庭や露地、洗練された日本庭園などにもとても魅了されます。
パソコンでなんでも分かるような世の中だけど、足を運んで実際に見てみる ということは、何か机上とは違う感じるものがあるような気がします。
石の存在感や質感、冷たさなど、そんなこともいちいち楽しい。本の表紙の愉しいという字がぴったりかな。
また来年もウロチョロしよう~(笑)




[PR]
by rosa-aya | 2014-12-18 19:31 | 植物公園 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 白沙村荘 橋本関雪記念館へ 豊かな時間 >>