圓光寺


前回の続きから・・・
詩仙堂を出て、次は程近くの圓光寺へ。 これまた写真ばかりです。
a0132926_23180226.jpg
受付から中へ進み石段を上がると、眼前に枯山水が広がっていました。
「奔龍庭」
a0132926_23183883.jpg
a0132926_23252663.jpg
a0132926_23254403.jpg
a0132926_23181617.jpg

重要文化財を拝見し、奥の中門を抜けようとしたとき、左側に光輝くものが見えました。
「琳派彩還 四季草花図」
a0132926_23192414.jpg
a0132926_23193617.jpg
a0132926_23200539.jpg
a0132926_23195549.jpg
a0132926_23194547.jpg
a0132926_23230882.jpg

襖絵を見終えて、やっと中庭に入ります。「十牛之庭」
苔と木々が美しい庭。少しだけ紅葉し始めていました。
a0132926_23201929.jpg
a0132926_23202818.jpg
a0132926_23235647.jpg
a0132926_23242967.jpg

境内は広く、庭は池泉回遊式になっていました。
a0132926_23221730.jpg
a0132926_23251546.jpg
a0132926_23323665.jpg
a0132926_23240367.jpg
a0132926_23210542.jpg
東照宮のある裏山より
a0132926_23211476.jpg
a0132926_23213387.jpg
a0132926_00322460.jpg

一周してきました。
縁の広い手水鉢には、ホトトギスが。。。 
a0132926_23203780.jpg
しかも、水琴窟・・・
a0132926_23205094.jpg

圓光寺はお手入れの行き届いたお寺の印象が残りました。真っ赤な紅葉と敷紅葉きっと見事だろうな。
a0132926_23242104.jpg

詩仙堂の鹿おどしはスコーンと冴え抜けるような響きで、圓光寺の水琴窟はキーンと澄んだ音色で、これまたそれぞれに趣きがあり素敵でした。

この後、もう一つ近くの院に続けて行きましたが、また明日。







[PR]
by rosa-aya | 2014-10-19 01:58 | 日々のこと | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 曼殊院 詩仙堂 >>