映画と本

a0132926_16411399.jpg

中学校では、朝読書という時間があり、それように息子が買った本。
毎日少しずつ読んで面白かった と言っていたので、WOWOWでこの映画を録画しようと思ったら、ついそのまま最後まで今日観てしまいました。
人間の心の機微を感じる 面白い作品でした。

リリー・フランキーさんが好演されていた人柄について(本文一部引用)
「つかみどころがないのだけれど、生きるための信念はブレなく、表層は綿菓子のようだが、その中心は強靭であるが、決してかたくなではない。おおらかに全てを包み込むような」 と書いてありました。

人を惹きつける人は、確かにこういう人が多い気がする。
[PR]
by rosa-aya | 2014-08-10 17:17 | 日々のこと | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 「泣くなひまわり」 ひまわり >>