「ほっ」と。キャンペーン

研修道場 H.26.4.5

新年度初のお稽古は、たて花ではなく いけ花でした。
竹筒に又木を合わせて生けました。
今日の花は、桜、芍薬、都忘れ、ヒバ。
敬翁というとても小さな桜の花でした。家では、たて花にやり直して。主人の分
a0132926_1917524.jpg



今日の生徒は12名。珠寶先生が一人ずつ枝ぶりなどを見て手直しされると 花の表情が本当に際立ちます。
先生のお話の一つですが、
「大地からいったん命を断つところから始まるいけ花をするとき、眺めるとき、自分自身を重ねることができる。花はいつも生死を同時にみせてくれている。
花瓶の上の花は数日で枯れてなくなってしまうけれど、この一瞬は明日、10年後、100年後、永遠にどこにでもつながっていく」 と。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日の京都市内は観光客であふれていました。
行き道 京都タワーと桜
a0132926_21541344.jpg

葉桜になりつつ
a0132926_2155930.jpg

慈照寺の白い桜
a0132926_21552913.jpg

庭園
a0132926_21554616.jpg

帰り道 東寺 五重塔
a0132926_21562078.jpg

昔この近くで働いていたので、ちょっと懐かしく感じました。

今は雨音が外から聞こえてきます。。。
[PR]
by rosa-aya | 2014-04-05 22:08 | 日々のこと | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 『GOLD』  桃 ・ 持ちよう >>