ないものねだり

また少し寒くなりました。寒い日には夏の夕暮れどきが恋しくなったり、
暖かくなると花粉が飛び出すので、寒いほうがいいかと思ったり、、、
ないものねだりでしょうか。

先日も少し書いてましたが、『致知』という雑誌 主人のですが勝手にたまに読んでいます。難しい話は・・・?ですが、人としての生き方=人生についての人間学  面白いし勉強になります。

少し前の号より。自問自答のため、かいつまんで記しています。

「人生とは織物である」・・・染織作家 志村ふくみさん。
「たったひとつしかない自分の色を求めてもらいたい。
経(たて)糸は先天性のもの(生まれた所など)。
自分ではどうしようもない経糸の中に陰陽があり、織りにも浮かぶものと沈むものがある。そこへ緯(よこ)糸がシュッと経糸の一本一本を潜り抜けて、トンと織れる。要するに綾ですが、これがなかったら織物はできない。
いろんな人と接する、事件が起きる、何かを感じるそういう緯糸が入ってくる。
一織り一織りを疎かにすると人生もそのようになってしまう。
真心を込めて織らなくちゃいけない」


もうひとつは、致知出版社社長の藤尾氏の言葉。
「人生は投じたものしか返ってこない。
そして、人間の花は 十年後に咲く」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分の名前の由来とほぼ同じ。自分の人生の織物を織っていく。

人生折り返し地点。 あと何が出来る?何がしたい?

ないものねだり? あるもので十分。
何も欲しいものはとくにないし、たとえ望んでもこぼれ落ちるだけ。

だけど時々、このままでいいのかと考えてしまう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


息子も塾通いが始まりました。少し数学をみていたら、正負の数がまだよく飲み込めていないよう。
なのに計算式を省略したり、汚い字で書くから間違えてばかり。
分かりやすくノートを書くように!+なん?-なん? と私の口調もキツクなる・・・。
途中計算も丁寧に、確実に。それが後につながる!
ああ、言うのは簡単(笑)
人生に置き換えると、私もできていないくせに。
それでもとりあえず、今やるべきことは、子供を少しみることかな・・・。



『ごちゃごちゃ言ってないで、今日は楽しい ひな祭りですよ』
a0132926_17222995.jpg

[PR]
by rosa-aya | 2014-03-03 20:44 | 日々のこと | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 言葉 黄色のお花 >>